一目小僧VS道祖神

上一篇 / 下一篇  2010-08-05 19:54:25 / 个人分类:作业中

邪悪と正直の戦い

――一つ目小僧VS道祖神

 

  一つ目小僧は額に目が一つだけの怪物である。

関東地方に、12月8日に一つ目小僧がくるといわれて、目籠を竹竿に刺して玄関先に立てから、一つ目小僧はこのカゴを見ると目がたくさんあるので驚いて逃げるのだという。

 

道祖神は道路の悪霊を防いで行人を守護する神である。

 

関東地方の伝承では、

12月8日の晩になると、一つ目小僧が「悪い子はいねえか、病気の子はいねえか」を探し出した記帳のことを道祖神に依頼した。その後、1月15日の朝、預けた帳面を取りに来る。ところで道祖神に「預かった帳面は昨晩のサイトやきで正月の御札類とともに燃やしてしまった」、仕方なく帰っていた。

このように、子供たちは14日の晩になると道祖神の周辺で火を燃やし、サイトバライ(どんどん焼き)という行事が行ったのだという。

 


分享到:

TAG: VS

 

评分:0

我来说两句

显示全部

:loveliness: :handshake :victory: :funk: :time: :kiss: :call: :hug: :lol :'( :Q :L ;P :$ :P :o :@ :D :( :)

我的栏目

日历

« 2022-05-26  
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    

数据统计

  • 访问量: 5178
  • 日志数: 1
  • 图片数: 2
  • 建立时间: 2010-07-04
  • 更新时间: 2010-08-05

RSS订阅

Open Toolbar